読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ 1日中、山道。

旧中山道を歩いています。

高崎宿 その06

13高崎宿

連雀交差点の高崎市道路元票を横目に、今度は右手の大信寺。
市指定史跡の徳川忠長のがあります。
f:id:nakasendo:20140607211737j:plain
忠長は徳川2代将軍秀忠の三男で、3代将軍家光の弟。
才智に恵まれ、両親が寵愛したため、家光から疎まれたといわれています。
秀忠の死後、数々の乱交があったということで、高崎城に幽閉され、
寛永10年(1633)自刃。

墓石であるデカい五輪塔は、
家光の死後24年&忠長の43回忌にあたる延宝3年(1675)に建てられたもの。
周囲に玉垣をめぐらし、鎖でつながれていたので、
「鎖のお霊屋(たまや)」と呼ばれていたそうです。
権力によって不本意な死を遂げたので、祟らないように鎖で縛られていたのかな?